KONDO LAB

研究発表

著書
2017年度
近藤和弘、5章「音響情報ハイディング技術の評価」、 日本音響学会編、「音響情報ハイディング技術」、コロナ社、2018.3.30発行

解説
2022年度
近藤和弘、早坂学起、「超音波を用いた盗聴防止技術の検討」、 超音波テクノ、日本工業出版、34 (6), pp.75-79, 2022.12.1発行

発表論文
2023年度
2023/8  電気学会論文誌

中澤和司、近藤和弘、「残響劣化した音声に対するノンレファレンス音声了解度推定における推定精度向上」、電気学会論文誌C、 vol. 143, no. 8, pp.830-841、DOI:10.1541/ieejeiss.143.830

2023/8/20-23 2023 I-INCE 52nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (inter-noise2023)
Masaki Hattori, Kazuhiro Kondo, "Estimation of Japanese word intelligibility by automatic speech recognition with noise adaptation," 1-P-5
Noriyuki Hayasaka, Kazuhiro Kondo, "Dome-shaped ultrasonic jammer for speech privacy protection," 1-P-7
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "Non-intrusive speech intelligibility prediction method for reverberant speech using neural network-based frequency segmentation and masking front-end," 1-P-9

2023/9/5・6  電気関係学会東北支部連合大会
服部真稀、近藤和弘「CTCベースの音素認識による日本語単語了解度の推定」、2F03
吉田幸生、近藤和弘、「可聴域外高周波音を用いたスマホ接近警告システム用プローブ音の検討」、2F06

2023/9/26-28 日本音響学会秋季研究発表会
服部真稀、近藤和弘、「wav2vec 2.0を用いた音素認識による日本語単語了解度推定」、3-P-45
中澤和司、近藤和弘、古川茂人、寺島裕貴、上村卓也「複合音の非調和性に対する自然音分類に最適化されたDeep neural networkの昼間表現と心理実験の検出閾値の類似度分析」、1-R-3

2023/10/10-13 2023 IEEE 12th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2023)

Shu Tanaka, Kazuhiro Kondo, "Improvement of Estimation Accuracy in BLE Indoor Position and Motion Direction Estimation System Using Bi-LSTM," pp.912-913
Masaki Hattori, Kazuhiro Kondo, "Estimation of Japanese Word Intelligibility Using CTC-Based Phoneme Recognition," pp. 1042-4043
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "Non-intrusive Speech Intelligibility Prediction of Speech with Additive Noise and Reverberation Using Multiple Deep Learning-Based Speech Enhancement," pp. 1065-1067

2023/11/23-24 電子情報通信学会応用音響研究会・エンリッチド・マルチメディア研究会・ 日本音響学会聴覚研究会
服部真稀,近藤和弘,「大規模事前学習モデルを用いたEnd-to-End音声認識による日本語単語了解度推定」, EA2023-45, EMM2023-76, pp. 93-97

2023/11/25 東北地区音響学研究会
吉田幸生,近藤和弘,「可聴域外高周波音を用いたスマホ接近警告システム用プローブ音の検討」,6-3
服部真稀,近藤和弘,「大規模事前学習モデルに基づく音声認識による日本語単語了解度推定法の検討」,6-5
須藤智貴,近藤和弘,「音声認識による笑い声表現と音声合成の検討」,6-6

2024/3/ 東北地区若手研究者研究発表会
野崎祐太、近藤和弘、「Azure Kinect深度センサーを用いた頭部追跡音提示システムへのオーディオスポット導入の検討」、YS-22-A11
山田颯人、近藤和弘、「変調超音波を用いた小型録音装置に対する盗聴防止システムの改良と評価」、YS-22-A12
服部真稀、近藤和弘、「事前学習モデルによる音声表現を利用した日本語単語了解度の推定」、YS-22-A13
大澤拓海、近藤和弘、「降雪時の防災無線拡声音に対して風向および風量が音声了解度に与える影響」、YS-22-A14
松戸秀斗、近藤和弘、「スマートフォン入出力可聴域外音波を用いた衝突回避システムの検証」、YS-22-P02
櫻井健人、服部真稀、近藤和弘、「未知の音声劣化環境に対する事前学習モデルを応用した音声了解度推定法の検討」、YS-22-P03

2024/3/6-8 日本音響学会春季研究発表会
服部真稀、近藤和弘、「大規模事前学習モデルに基づく音声認識の中間表現を用いた日本語単語了解度の推定」、1-R-4
中澤和司、近藤和弘、「ゲート付き活性化関数を用いた劣化音声に対するnon-intrusive了解度推定」、1-R-9 須藤智貴、近藤和弘、「音声印紙気による笑い声表現と音声合成の検討」、2-P-37
櫻井健人、服部真稀、近藤和弘、「残響環境下における事前学習モデルに基づいた音声認識による音声了解度推定方法の検討」、1-R-38

2022年度
2022/6  Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing
Kohta Muroi, Kazuhiro Kondo, "Speech Manipulation Detection Method using Audio Watermarking," vol., 13, no. 2, pp. 145-154

2022/6 Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal
Kaito Echizenya, Kazuhiro Kondo, "Indoor Position and Movement Direction Estimation System Using DNN on BLE Beacon RSSI Fingerprints," vol., 7, no. 3, pp. 129-138

2022/8/23・24  電気関係学会東北支部連合大会

佐藤伸一、「深層学習を活用した車両ナンバー検出アプリの開発」、1G03
吉田幸生、近藤和弘、「超音波による接近警告システムへ向けての基礎検討」、4C03

2022/9/14-16 日本音響学会秋季研究発表会

早坂学起、近藤和弘、「超音波を用いた小型録音装置による盗聴防止技術のためのアレイスピーカーの構成についての検討」、1-R-20
中澤和司、近藤和弘、「音声強調による複数の疑似レファレンスを用いた劣化音声に対するノンレファレンス音声了解度推定方法の検討、1-R-32

2022/10/18-21 2022 IEEE 11th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2022)
Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo, Kazushi Nakazawa, Sara Asai, "Evaluation of Home Appliance Speakers with Correction Filters for Voice Communications," pp. 46-47
Noritake Suto, Kazuhiro Kondo, "Evaluation of Linguistic Properties of Synthesized Laughter Using its Transcription," pp. 1-2
Noriyuki Hayasaka, Kazuhiro Kondo, "Audibility of added ultrasonic modulation signal for speech jamming," pp. 5-6

2022/10/24-28 International Congress on Acoustics
Noritake Suto, Kazuhiro Kondo, "Towards laughter synthesis using voice conversion," ABS-0265
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "Improving the accuracy of non-intrusive intelligibility estimation for reverberant speech using speech enhancement by optimizing the speech feature parameters," ABS-0721
Masaki Hattori, Kazuhiro Kondo, "Estimation of Japanese Word Intelligibility Using DNN-Based Speech Recognition Systmes," ABS-0723

2022/11/7-10 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "Non-intrusive speech intelligibility estimation using deep learning with speech enhancement and convolutional layers"

2022/11/21・22 電子情報通信学会応用音響研究会 (EA)
早坂 学起、近藤 和弘 「変調した超音波を用いた小型録音装置による盗聴防止技術の検討 〜 超音波ジャマー用変調方式や発信パネル形状の検討 〜」、 EA2022-44 EMM2022-44、pp.13-18

2022/11/30 東北地区音響学研究会
服部真稀,近藤和弘、「クラウド汎用音声認識APIを用いた日本語音声了解度の推定」、5-9
吉田幸生, 近藤和弘、「超音波を用いた屋内測位法についての基礎検討」、5-8

2023/3/1 東北地区若手研究者研究発表会
近藤駿介、近藤和弘 「機械学習を用いた笑い声と相槌検出の基礎検討」、YS-21-A013
吉田幸生、近藤和弘 「スマートフォンによる音響測位のための使用音の検討」、YS-21-A014
瀬川劍匠、近藤和弘 「自転車用AARナビゲーション・システムに向けた風雑音低減法の検討」、YS-21-A015
遠藤壮人、近藤和弘 「超音波ハプティクスを用いた手のひらへの基本図形描画とそのUI応用の基礎検討」、YS-21-P03
河合輝、近藤和弘 「トランペット演奏の評価」、YS-21-P04
佐々木渉吾、近藤和弘 「雪が音の了解度に与える影響−再生音源の高さ依存性の検討−」、YS-21-P05
田中柊羽、近藤和弘 「LSTMを用いたBluetooth屋内測位システムの精度向上」、YS-21-P63

2023/3/15-17  日本音響学会春季研究発表会
服部 真稀,近藤 和弘 「音声認識システムを用いた日本語単語了解度の推定 −クラウド汎用API とDNN-HMMによる客観評価−」、2-1-5
須藤 智貴,近藤 和弘 「深層学習を用いた声質変換による自然対話中の笑い声合成」、2-3Q-11
中澤 和司,近藤 和弘 「Audio Spectrogram Transformer を用いたNon-intrusive音声了解度予測の検討」、3-4P-11


2021年度
2021/8/26・27 電気関係学会東北支部連合大会
越前屋海斗、近藤和弘、"RSSI extrapolation method for BLE Indoor Positioning Using DNN"、1A02
丸山 翼、近藤和弘、中澤和司、「雪が音声了解度に与える影響?風速の測定方法の再検討?」、2B02
須藤智貴、近藤和弘、「合成音声における通常発話と笑い声の比較」、2B03
上嶋雄大、近藤和弘、「原音推定にWave-U-Netを用いたノンレファレンス単語音声了解度推定」、2B04
室井孝大、近藤和弘、「音響用電子透かしを用いた改ざん検出法の検討」、2B05

2021/9/7-9  日本音響学会秋季研究発表会
室井孝大、近藤和弘、「音響用電子透かしを用いた音声改ざん検出法の検討」、2-1P-7
中澤和司、近藤和弘、上嶋雄大、「日本語版 DRT 用音声を用いた劣化音声からの原音声推定」、2-1P-11
早坂学起、近藤和弘、「超音波を用いた小型録音装置による盗聴防止技術の検討」、3-1Q-14

2021/10/12-15 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2021)
Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo, Kazushi Nakazawa, Yasushi Nakajima, "Quality Evaluation of Voice Synthesis Tools for Home Appliance Voice Communications," pp. 127-128
Tsubasa Maruyama, Kazuhiro Kondo, "Effect of Snow Conditions on Speech Intelligibility ~Introduction of Wind Velocity, Temperature and Humidity~," pp. 116-117
Kota Muroi, Kazuhiro Kondo, Shinnya Takahashi, "Speech Manipulation Detection Method using Audio Watermarking," pp. 108-109
Kaito Echizenya, Kazuhiro Kondo, "Comparison of RSSI Processing Methods for Improved Estimation Accuracy in BLE Indoor Position and Movement Direction Estimation System Using DNN," pp. 171-172
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "The estimation of non-referential speech intelligibility using DNN De-reverberation with SRMR value." pp. 521-522

2021/10/29-31 The 17th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing(IIHMSP 2021)
Kota Muroi, Kazuhiro Kondo, "Speech Manipulation Detection Method Using Speech Fingerprints and Timestamp Data," IIH-MSP-2021-0259

2021/11/15・16 電子情報通信学会応用音響研究会 (EA)
室井孝大、近藤 和弘、「音響用電子透かしを用いた音声改ざん検出法の検討 〜 フレーム同期法の検討 〜」、EA2021-33 EMM2021-60、pp.37-42

2021/11/13  The 18th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers (TOWERS)
北川冬弥、近藤和弘、中澤和司、「家電発話のための音声合成ツール評価」A2-1
越前屋海斗、近藤和弘、「BLEビーコンとDNNを用いた屋内位置及び移動方向推定システムに関する検討」A3-4
中川和司、近藤和弘、「残響劣化音声に対する音声強調を用いた音声了解度推定」A3-7

2021/11/27 東北地区音響学研究会
中澤和司,近藤和弘、「ノンレファレンス音声了解度推定に向けた周波数重み付け特徴量の検討」、4-5
須藤智貴, 近藤和弘、「笑い声の音響特徴による話者分類と知覚による話者分類」、4-6
早坂学起,近藤和弘、「変調パラメータの異なる2変調波合成のためのシンセサイザーの作成」、4-10

2021/12/14-17 13th Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC)
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "IMPROVEMENTS TO NON-INTRUSIVE INTELLIGIBILITY PREDICTION FOR REVERBERATION AND ADDITIVE NOISE-DEGRADED SPEECH"
Kaito Echizenya, Kazuhiro Kondo, "The Effect of Density and Placement of BLE Beacons on Indoor Location and Motion Direction Estimation Accuracy"

2022/2/28  東北地区若手研究者研究発表会
須藤智貴, 近藤和弘、「GANによる感情音声変換を用いた笑い声生成とその評価の検討」、YS-20-A01
服部真稀, 近藤和弘、「音声認識ソフトウェアJuliusを用いた日本語単語了解度推定」、YS-20-A02
越前屋海斗、中村和矢, 近藤和弘、「立体音響ナビゲーションを想定した雑音下における誘導音の知覚精度評価」、YS-20-A03
瀬川劍匠, 近藤和弘、「自転車用AARナビゲーションシステムに向けた風雑音低減法の検討」、YS-20-P01
越前屋海斗、中村和矢, 近藤和弘、「立体誘導音の距離定位精度の評価」、YS-20-P02

2022/3/9-11  日本音響学会春季研究発表会
早坂 学起,近藤 和弘、「超音波を用いた小型録音装置による盗聴防止技術のための 2 変調波合成の検討」、2-1P-4
中澤 和司,近藤 和弘、「CNN を用いたノンレファレンス音声了解度推定方法の検討」、3-4Q-4
丸山 翼,近藤 和弘、「雪が音声了解度に与える影響と風速の影響」、3-4Q-5


2020年度
2020/8/27 電気関係学会東北支部連合大会
越前屋海斗、近藤和弘、北川冬弥、「BLE信号強度に深層学習を適用したリアルタイム屋内測位システムの検討」、K01
北川冬弥、近藤和弘、「音響ARナビゲーションに向けたDNN音声推定の自動車接近音への対応」、L01
室井孝大,近藤和弘、「音響用電子透かしを用いた音声改ざん検出法の検討 −原音推定法のBERへの影響−」、L02
宮川剛志,近藤和弘、「フレキシブル超指向性スピーカーを用いた可変オーディオスポットの検討」、L04

2020/9/9-11  日本音響学会秋季研究発表会
中澤 和司,近藤 和弘、「 残響劣化音に対する推定原音声を用いたノンレファレンス音声了解度推定」、3-U1-4
宮川 剛志,近藤 和弘、「フレキシブル超指向性スピーカーを用いた可変オーディオスポットの検討」、3-U4-27

2020/9/28-30 IEEE International Conference on Consumer Electronics Taiwan (ICCE-TW 2020)
Kaito Echizennya, Kazuhiro Kondo, "Estimation of indoor position and motion direction for smartphones using DNN to BLE beacon signal strength"

2020/10/15-18 2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2020)
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "On Non-Reference Speech Intelligibility Estimation Using DNN De-Reverberation"
Tsuyoshi Miyagawa, Kazuhiro Kondo, "Towards a Variable Audio Spot Using Flexible Parametric Array Loudspeakers"
Kaito Echizennya, Kazuhiro Kondo, Toya Kitagawa, "Evaluation of the Real-Time Indoor Location and Motion Direction Estimation System Applying DNN to RSSI Fingerprints of BLE Beacons"

2020/11/28  The 17th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers (TOWERS)
越前屋海斗、近藤和弘 "Indoor position and moving direction estimation for smartphone users by applying deep learning to BLE signal strength,"p. 33、B5

2020/11/28 東北地区音響学研究会
室井孝大,近藤和弘 「MMSE STSA推定法を用いた音響用電子透かしのブラインド検出と音声改ざん検出法の検討」、3-10
丸山翼,柴田崇斗,近藤和弘 「雪が音声了解度に与える影響とその補償法」、3-14
中澤和司,近藤和弘 「音声の個人性が残響劣化音に対する音声了解度に及ぼす影響の考察」、3-15

2021/3/5 東北地区若手研究者研究発表会
良知拓哉,近藤和弘,石井拓海,大村紗貴 「OpenPoseを用いた自動追尾警告音提示システムの人物追跡法の改善検討」、R3-A-04
阿部哲平,近藤和弘,北川冬弥 「立体音響を用いた視覚障碍者向けナビゲーションシステム用誘導音の検討」、R3-A-05
丸山翼,柴田崇斗,近藤和弘 「雪が音声了解度に与える影響と温度、湿度、風速の影響」、R3-A-06
田中和弥, 近藤和弘 「パラメトリックスピーカーを用いた超音波による盗聴対策の検討」、R3-A-07
室井孝大,近藤和弘 「MMSE-STSA推定法と音響用電子透かしを用いた音声改ざん検出法の検討」、R3-A-16
越前屋海斗, 近藤和弘 「深層学習を用いたBLE屋内測位システムに関する移動方向推定の検討」、R3-E-42

2021/3/10-12 日本音響学会春季研究発表会
上嶋 雄大,近藤 和弘 「 加算雑音劣化音に対するノンレファレンス単語音声了解度推定法の検討 −原音推定に GAN を用いた了解度推定精度評価−」、2-1P-2
中澤 和司,近藤 和弘 「 残響劣化音に対する DNN を用いたノンレファレンス音声了解度推定 −音声の個人性による影響を考慮して− 」、2-1P-4
宮川 剛志,近藤 和弘 「フレキシブル超指向性スピーカーを用いた可変オーディオスポットの検討」、2-1P-15

2019年度
2019/8/22・23電気関係学会東北支部連合大会
間 浩之、近藤 和弘 「オーディオスポットを用いたピンポイント能動制御」, 2A04
柴田 崇斗、近藤 和弘 「重回帰分析を用いた雪の各要因が与える音声了解度への影響の分析」, 2A08
高橋 宙人、近藤 和弘 「加算雑音劣化音に対するDNNを用いた音声了解度推定と制度評価」, 2A09
越前屋 海斗、近藤 和弘 "Location and Motion Direction Estimation Using DNN on BLE Beacon RSSI Fingerprints", 2I15

2019/9/9-13 International Congress on Acoustics
Kazuhiro Kondo, Shinichiro Osanai, "Audio Spotlight using Subdivided AM Sideband Wave Delivery from Separate Ultrasonic Array Speakers,"pp. 1037-1044.
Hiroto Takahashi, Kazuhiro Kondo, "On Non-Reference Speech Intelligibility Estimation Using DNN Noise Reduction," pp. 3103-3108.
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "De-Reverberation using CNN for Non-Reference Reverberant Speech Intelligibility Estimation," pp. 3098-3102.

2019/10/15-18 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE 2019)
Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo, "Detailed Evaluation of a Wind Noise Reduction Method using DNN for 3D Audio Navigation System Audio Augmented Reality for Bicycles," pp. 887-888.
Shuto Shibata, Kazuhiro Kondo, "Multivariate Analysis of Effect of Snow Quality on Speech Intelligibility," pp. 895-896.
Hiroyuki Aida, Kazuhiro Kondo, "Pinpoint Active Noise Control Using Audio Spot Generated with Multiple Parametric Speakers," pp. 899-900.

2019/10/19 The 16th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers (TOWERS)
北川 冬弥、近藤和弘 「視覚障碍者向け三次元音響ナビゲーションシステム」、p. 21、A5

2019/10/28・29 電子情報通信学会応用音響研究会 (EA)
近藤 和弘、長内 慎一朗 「分割側波帯を複数のパラメトリックスピーカーから発生するオーディオスポットライト」、EA2019-45, pp. 59-65
柴田 崇斗、近藤 和弘 「雪の各要因が与える音声了解度への影響の分析とその補償フィルタの検討」、EA2019-48, pp. 77-82

2019/11/30 東北地区音響学研究会
近藤和弘、中澤和司 「残響環境下における音声了解度の評価」、2-13

2019/12 Applied Acoustics

Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo, "Japanese speech intelligibility estimation and prediction using objective intelligibility indices under noisy and reverberant conditions," Applied Acoustics, vol. 156, pp. 327-335

2020/2/29 東北地区若手研究者研究発表会
室井孝大、近藤和弘 「DNNによる推定音源を利用した音声用電子透かしブラインド検出法方法の検討」、R2-A-08, pp. 15-16
越前屋海斗、近藤和弘 「BLEビーコン信号強度に深層学習を適用したスマートフォン利用者向け屋内位置及び移動方向の推定」、R2-C-01、pp. 51-52
宮川剛志、近藤和弘 「フレキシブル超指向性スピーカーを用いた可変オーディオスポットの検討」、R2-P-06、pp. 111-112
石井拓海、近藤和弘 「オーディオスポットを用いた自動追尾警告音提示システムの検討」、R2-P-07、pp. 113-114
佐藤将、近藤和弘 「デジタルサイネージとBLEビーコンを用いたナビゲーションシステムの検討」、R2-P-37、pp. 173-174

2020/2/29  日本音響学会春季研究発表会
柴田崇斗、近藤和弘 「雪の各要因が与える音声了解度への影響 -音素特徴別分析-」、1-P-33
中澤和司、近藤和弘 「DNN を用いた残響環境下における音声了解度の推定のための了解度測定方法の検討」、1-Q-34
小林洋介、近藤和弘 「 原音予測モデルを利用した客観音声了解度指標の提案」、1-Q-36
高橋宇人、近藤和弘 「加算雑音劣化音に対するノンレファレンス単語音声了解度推定法の検討 ─未知単語に対する了解度推定精度評価─ 」、1-Q-38

H30年度

2018/5/19-21 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS - TAIWAN (IEEE 2018 ICCE-TW)
Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo, "Evaluation of a wind noise reduction method using DNN", pp. 369-370

2018/7/24・25 応用音響研究会 (EA)
北川 冬弥、近藤 和弘 「自転車用ナビゲーションに向けたDNNを用いた風雑音除去の改良」、EA2018-3, pp. 13-18
柴田 崇斗、近藤 和弘 「積雪量、降雪量、雪質各要因が音声了解度に与える影響度の基礎検討」、EA2018-2, pp. 7-12

2018/8/23・24 応用音響研究会 (EA)
北川 冬弥、近藤 和弘 「視覚障害者用の立体音響ナビゲーションシステムの経路誘導の詳細評価」、EA2018-33, pp. 31-36
長内 慎一朗、近藤 和弘 「オーディオスポットにおける領域外発生雑音の原因とその低減手法の検討」、EA2018-36, pp. 51-56

2018/9/2-6 Interspeech 2018
Kazuhiro Kondo, Kazuya Taira, Yosuke Kobayashi, "Binaural Speech Intelligibility Estimation Using Deep Neural Networks," Wed-O-1-4-1, pp. 1858-1862

2018/9/6・7 電気関係学会東北支部連合大会
北川 冬弥、近藤 和弘 "On Wind Noise Estimation using DNN for Bicycle Audio Augmented Reality Systems", 2B15
高橋 宙人、近藤 和弘 「加算雑音のある単語音声了解度推定のための深層学習を用いた雑音低減手法の検討」, 2D08
長内 慎一朗、近藤 和弘 「オーディオスポットにおける領域外発生雑音の原因とその低減手法の検討」, 2D05

2018/9/13-15 日本音響学会秋季研究発表会
北川 冬弥、近藤 和弘 「視覚障害者向けナビゲーションシステムの拡張音響現実を用いた経路誘導性能の分析」、日本音響学会秋季研究発表会、3-6-4

2018/10/9-12 2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE 2018)
Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo, "Evaluation of a visually handicapped navigation system using 3D audio on smartphone under realistic conditions," pp. 467-468
Hiroto Takahashi, Kazuhiro Kondo, "On a Reference Signal Estimation from Noisy Speech Using Deep Learning for Intelligibility Estimation," pp. 314-315
Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo, "De-reverberation Using DNN for Non-reference Reverberant Speech Intelligibiity Estimation," pp. 316-317

2018/11/3 The 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers (TOWERS)
北川 冬弥、近藤和弘 「深層学習による風雑音低減法の基礎検討」、p.28、A16

2018/11/9 東北地区音響学研究会
北川 冬弥、近藤 和弘 「視覚障碍者向け三次元音響ナビゲーションシステムの改良」、1-10
近藤和弘、中澤和司 「DNN を用いた残響除去における位相推定方法の検討」、1-11


2018/11/12-15 APSIPA ASC 2018
Shuto Shibata, Kazuhiro Kondo, "On the Comparative Effect of Snowfall, Accumulation, and Density on Speech Intelligibility," TH-P1-8.2, pp. 1665-1668

2018/11/26-28 International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP)
Shinnya Takahashi, Kazuhiro Kondo, "An Interrogation Speech Manipulation Detection Method Using Speech Fingerprinting and Watermarking," MOA1A-1

2019/3/2 東北地区若手研究者研究発表会
間 浩之、近藤 和弘 「オーディオスポットを用いたピンポイント能動騒音制御の検討」, YS-17-A4
北川 冬弥、近藤 和弘 「拡張音響現実ナビゲーションに向けた深層学習による風雑音低減法の検討」, YS-17-A5
荒川 茜、近藤 和弘 「DNNを用いた推定原音を利用した音響信号用電子透かしブラインド検出法」, YS-17-A6
小野 恭輔、近藤 和弘 「オーディオスポットのサイドバンド放射音による領域外音声へのマスキングの検討」, YS-17-P31
菊地 晏樹、近藤 和弘 「深層学習を用いた推定原音を利用した音声用電子透かしブラインド検出方法の検討」, YS-17-P32

2019/3/5-7 日本音響学会春季研究発表会
柴田 崇斗、近藤 和弘 「多変量解析を用いた雪の各要因が音声了解度に与える影響」, 1-R-23
北川 冬弥、近藤 和弘 「拡張音響現実ナビゲーションの深層学習による風雑音除去法の詳細評価」, 1-6-18
高橋 宙人、近藤 和弘 「雑音除去を用いたノンレファレンス単語音声了解度推定法の検討」, 1-6-19
高橋 慎也、近藤 和弘 「雑音環境における音声フィンガープリントと電子透かしによる音声改ざん検出法のいち検討」, 2-Q-43
中澤 数司、近藤 和弘 「CNNを用いた残響除去の検討」, 2-Q-33


H29年度

2017/5/23 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM)
北川 冬弥、近藤 和弘 「自転車用拡張音響現実の環境音フィードバックにおける風雑音対策の検討」、EMM2017-9/IT2017-9, pp. 49-54
高橋 慎也、近藤 和弘 「音声フィンガープリントと電子透かしを用いた音声改ざん検出法の一検討」、EMM2017-10/IT2017-10, pp. 55-59

2017/8/12-15 International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia (IIHMSP)
Shinya Takahashi, Kazuhiro Kondo "Towards an interrogation speech manipulation detection method using speech fingerprinting," Advances in Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, Smart Innovation, Systems and Technologies, Springer, vol. 82, pp. 121-129

2017/8/9・10 応用音響研究会 (EA)
北川 冬弥、近藤 和弘 「拡張音響現実を用いた自転車でのナビゲーションシステムの基礎検討」、EA2017-29, pp. 13-20

2017/8/24・25 電気関係学会東北支部連合大会
松田 謙、近藤 和弘 「立体音響の提示音圧・方法差による経路誘導への影響 」、2G11
北川 冬弥、近藤 和弘 「On a Wind Noise Countermeasure for Bicycle Audio Augmented Reality Systems」、2B15
鈴木 和真、近藤 和弘 「Bluetooth電波強度とその変化量を用いた屋内測位システム」、2F03

2017/9 Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing
Kazuhiro Kondo, Joji Yamada, "A Frame Synchronization Method for Audio Watermarks Robust Against Analog Aerial Transmission," J. Inf. Hiding and Multimedia Sig. Process., vol., 8, no. 5, pp. 1043-1053

2017/10/24-27 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE 2017)
Ken Matsuda, Kazuhiro Kondo, "Towards an Accurate Route Guidance System for the Visually Impaired Using 3D Audio," pp. 264-265
Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo, "On a Wind Noise Countermeasure for Bicycle Audio Augmented Reality Systems," pp. 231-232

2017/11 Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing
Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo, "A Case Study of Bootstrap Masker Quality Assessment for Speech Privacy Protection," J. Inf. Hiding and Multimedia Sig. Process., vol., 8, no. 6, pp. 11460-1469

2018/1 Applied Acoustics
Kazuhiro Kondo, Kazuya Taira, "Estimation of binaural speech intelligibility using machine learning," Applied Acoustics, vol. 129, pp. 408-416

2018/1/29-30 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM)
北川 冬弥、近藤和弘 [深層学習による風雑音低減法の基礎検討」、EMM2017-67, pp. 7-12

2018/2/24 東北地区若手研究者研究発表会
中澤和司、近藤和弘、「深層学習を用いた残響の除去の検討」、YS30-1-3-1, pp. 17-18
山崎えり香、大場真人、桜井弘毅、近藤和弘、「オーディオスポットを用いたピンポイントマスキングシステムの評価」、YS30-1-3-3, pp. 21-22
北川冬弥、近藤和弘、「自転車用ナビゲーションシステムに向けたDNNによる風邪雑音除去の評価」、YS30-1-4-3, pp. 29-30
鈴木和真、近藤和弘、「BLE電波強度を用いた屋内移動経路及び位置推定の精度向上」、YS30-3-4-1, pp. 85-86
大竹拓夢、佐藤伸一、近藤和弘、「距離識別能力を備えた視覚障がい者用警告システムの検討」、YS30-P-1-14, pp. 117-118
高橋宙人、近藤和弘、「音声了解度推定のための深層学習を用いた雑音除去手法の検討」、YS30-P-2-22, pp. 205-206
柴田崇斗、近藤和弘、「積雪量、降雪量および雪質の音声了解度への影響」、YS30-P-2-25, pp. 211-212

2018/3/13-15 日本音響学会春季研究発表会
高橋慎也、近藤和弘、「音声フィンガープリントと音響用電子透かしを用いた音声改ざん検出法の一検討」、日本音響学会春季研究発表会、1-P-35
北川冬弥、近藤和弘、「自転車用拡張音響ナビゲーションシステムの風雑音低減方法へのDNNの適用」、日本音響学会春季研究発表会、2-P-9
松田謙、近藤和弘、「立体音響を用いた経路誘導に対する環境騒音の影響」、日本音響学会春季研究発表会、2-P-35
長内慎一朗、近藤和弘、「指向性スピーカーを用いた局所的音場のサイドバンドが含む周波数成分における考察と検討」、日本音響学会春季研究発表会、 3-4-10

受賞

2024年
大澤拓海 令和6年東北地区若手研究者研究発表会 優秀学生発表賞受賞「降雪時の防災無線拡声音に対して風向および風量が音声了解度に与える影響」
中澤和司 令和6年電気学会東北支部 優秀論文賞「残響劣化した音声に対するノンレファレンス音声了解度推定における推定精度向上」

2023年
田中柊羽 山形大学工学部 優秀学生賞
田中柊羽 令和5年東北地区若手研究者研究発表会  優秀発表賞受賞「LSTMを用いたBluetooth屋内測位システムの精度向上」
田中柊羽 電子情報通信学会東北支部優秀学生発表賞受賞「LSTMを用いたBluetooth屋内測位システムの精度向上」
服部真希 東北地区音響学研究会優秀論文賞 「大規模事前学習モデルに基づく音声認識による日本語単語了解度推定法の検討」
中澤和司 日本音響学会学生優秀発表賞「複合音の非調和性に対する自然音分類に最適化されたDeep neural networkの中間表現と心理実験の検出閾値の類似度分析」

2022年
早坂学起, IEEE GCCE2022 Excellent Student Poster Award Outstanding Prize "Audibility of Added Ultrasonic Modulation Signal for Speech Jamming"
須藤智貴, ICA-ASA Young Scientist Coference Attendance Grant "Towards laughter synthesis using voice conversion"
早坂学起、 山形大学優秀学術研究賞

2021年
丸山翼 IEEE GCCE2021 Excellent Student Poster Award Bronze Prize "Effect of Snow Conditions on Speech Intelligibility - Introduction of Wind Velocity, Temperature and Humidity -"
丸山翼 日本音響学会東北支部 若手研究者 優秀論文賞 「雪が音声了解度に与える影響 〜風速の測定方法の再検討〜」
越前屋海斗 The 18th IEEE TOWERS Supporter's Group Award「BLEビーコンとDNNを用いた屋内位置及び移動方向推定システムに関する検討」
中澤和司  東北地区音響学研究会 優秀論文賞 「ノンレファレンス音声了解度推定に向けた周波数重み付け特徴量の検討」
丸山翼 山形大学優秀学術研究賞

2020年
IEEE Sendai Section Young Professionals Affinity Group(代表:中澤和司) 米沢工業会賞
越前屋海斗 山形大学工学部 優秀学生賞
宮川剛志 IEEE GCCE2020 Excellent Paper Award Gold Prize "Towards a Variable Audio Spot Using Flexible Parametric Array Loudspeakers"
中澤和司 IEEE GCCE2020 Excellent Poster Award Outstanding Prize "On Non-Reference Speech Intelligibility Estimation Using DNN De-Reverberation"
室井孝大 日本音響学会東北支部 東北地区音響学研究会 優秀論文賞 「MMSE STSA想定法を用いた音響用電子透かしのブラインド検出と音声改ざん検出法の検討」
宮川剛志 山形大学校友会長賞
良知拓哉 日本音響学会東北支部 若手研究者優秀論文賞  「OpenPoseを用いた自動追尾警告音提示システムの人物追跡法の改善検討」

2019年
北川 冬弥  H31 東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞受賞 「拡張音響現実ナビゲーションに向けた深層学習による風雑音低減法の検討」
小野 恭輔  H31 東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞受賞 「オーディオスポットのサイドバンド放射音による領域外音声へのマスキングの検討」
北川 冬弥 H30年度日本音響学会東北支部  東北地区音響学研究会優秀論文賞 「視覚障碍者向け三次元音響ナビゲーションシステムの改良」
北川 冬弥  The 16th IEEE TOWERS ソシオネクスト賞 「視覚障碍者向け三次元音響ナビゲーションシステム」

2018年
北川 冬弥  H30 東北地区若手研究者研究発表会  優秀発表賞受賞「自転車用ナビゲーションシステムに向けたDNNによる風雑音除去の評価」
大竹 拓夢 H30 東北地区若手研究者研究発表会  優秀発表賞受賞「距離識別能力を備えた視覚障がい者用警告システムの検討」
柴田 崇斗 H29年度日本音響学会東北支部  若手研究者優秀論文賞「積雪量、降雪量および雪質の音声了解度への影響」

2017年

北川 冬弥 H29 東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞受賞「自転車用拡張音響現実の環境フィードバックにおける風雑音対策の検討」
鈴木 和真 H29 東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞受賞「Bluetooth電波強度とその変化量を用いた屋内測位システム」
高橋 慎也 H29 東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞受賞「線スペクトル対を用いた音響信号用電子透かしの検出方法の検討」


2016年
高橋 千秋  H28 東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞受賞「iBeaconを用いた屋内用測位法の検討」
松田 謙  IEEE CES West Japan Chapter Young Researcher Award受賞「立体音響を用いた視覚障碍者用ナビゲーションシステムの有効性の検討」
Kazuhiro Kondo, Joji Yamada, IIH-MSP2016 Best Paper Award "On a Synchronization Method for Audio Watermarks Robust Against Aerial Transmission Using Embedded Random Synchronization Pattern"


2015年
Shun Kashiwase, Kazuhiro Kondo, IEEE Global Conference on Consumer Electronics Outstanding Student Paper Award "Towards a Parametric Speaker System with Human Head Tracking"
松浦 圭佑 H27東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞受賞「歌唱音声の能動消音に適した音響管構造の基礎検討」



2014年
高橋 憲敬 H26東北地区若手研究者研究発表会 優秀発表賞受賞「文章を用いたロングパスエコー下の了解度評価法の検討」
大場 真人 H26東北地区若手研究者研究発表会 映像情報メディア学会東北支部優秀賞「超指向性スピーカを応用した歩行者追尾型マスキングシステムの基礎検討」



2013年
小林洋介、近藤和弘 電気学会東北支部長賞受賞 「音声了解度の客観推定に用いる騒音クラスタリングとその性能評価」
山口 遼  H25東北地区若手研究者研究発表会  優秀発表賞受賞「客観評価尺度PEMO-Qを用いた音声品質推定の検証」
柏瀬 瞬  H25東北地区若手研究者研究発表会  優秀発表賞受賞「Kinectを用い た頭部追跡型パラメトリックスピーカの検討」
小林 洋介 日本音響学会2013年春季研究発表会 学生優秀発表賞「音声了解度推定のための騒音クラスタリングの詳細評価」

2012年
渡邉 瞳  H24東北地区若手研究者研究発表会  優秀発表賞受賞「語頭子音特徴による音声の伸長・短縮の単語了解度への影響」

2009年
小林 洋介 1ビットオーディオコンソーシアム 技術賞受賞 「1-Bitオーディオ信号の周期的損失と損失補完の影響」